CPマークの認定 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

CPマークの認定


CPマークとは、「防犯性能が高い建物部品」の普及をはかるために制定された標章です。CPとは、「防犯」CrimePreventionの頭の文字をとったもので、CPマークはこのアルファベット2文字を図案化した、緑色の標章です。

CPマークは、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」という、官民合同会議から認証されています。参加している関係省庁は、警察庁、国土交通省、経済産業省です。また、関係団体は、日本ロック工業会、財団法人全国防犯協会連合会、財団法人ベターリビング、社団法人建築業協会、板硝子協会、日本ウィンドウ・フイルム工業会、社団法人住宅生産団体連合会、社団法人日本シャッター・ドア協会、社団法人日本建築士会連合会、社団法人日本サッシ協会、社団法人日本建築家協会、社団法人全国警備行協会、社団法人日本建築士事務所協会連合会、社団法人日本防犯設備協会、社団法人日本損害保険協会など、多くの団体が参加と協力を行なっています。

CPマークの試験をする建物部品の種類は、ドアA種、ドアB種、錠、サッシ、ガラス、フィルム、雨戸、面格子、窓用シャッター、重量シャッター、軽量シャッター、シャッター用スイッチボックスといったものです。防犯性能の試験は3段階に分けられ、最終試験に合格したものだけが合格品と認められます。第一系列の試験は、耐ピッキング試験、耐インプレッション試験、バイパス開錠試験、耐読み取り性能試験、サムターン開錠試験といった内容です。第二系列では、ドリリング試験、シリンダーのもぎ取り、シリンダープラグの引き抜き、シリンダープラグの捻り、デッドボルトの切断、携帯用ガスバーナー試験などが行なわれます。また、第三系列では、標準ドアと標準枠に製品が取り付けられた状態で、一般試験員が空き巣のようにドア錠をこじ破り、試験を行ないます。どの場合も、ドアが開くまで5分以上かかれば合格と判断されます。試験の詳細は、警視庁のホームページに載っています。興味のある方はぜひご一読ください。防犯の要は施錠です。ピッキングに強い錠前を購入するなら、CPマークのついているものかどうかをまず確認しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

格安SIM比較