空き巣対策(戸建て住宅) 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣対策(戸建て住宅)


戸建て住宅の空き巣に対する防犯対策には、どのようなものがあげられるでしょうか。以下の点検箇所を重点的にチェックするようにしましょう。

・塀など
塀などがある場合は、簡単に乗り越えることのできない高さにする。生垣は、きちんと剪定して見通しをよくしておく。2階への足場になるものがないかどうかチェックする。

・門扉など
門扉には、外から開錠できないような錠を設置する。インターホンと郵便受けは、門扉の外に置き、敷地に他人を入らせないようにする。カメラつきのインターホンにする。夜は、門柱灯などを点灯させる。

・駐車スペース
駐車場にも、簡単に他人が出入りできないように錠を設置する。センサーライトを設置する。ガレージの屋根が2階への足場にならないように注意する。

・裏庭
裏庭の履きだし窓が、洗濯物などで隠れないようにする。防犯砂利などを敷き、通れば音が出るようにする。

・窓
窓の近くに足場になるような、バケツや脚立などを外に置かない。補助ロックのついたクレセントに替える。CPマークのついた防犯ガラスに替える。(振動感知センサーがついたガラスもあります)
侵入に危険と思われる窓には面格子をつける。(ドライバーなどではずされないように、ねじの頭はつぶしておくこと)

・玄関ドア
玄関ドアには、ドアチェーンやガードプレートをつける。ドアスコープや新聞受けは、簡単に外からとれないように工夫する。ピッキングされにくい錠に取り替える。バンピングされにくい錠に取り替える。サムターン回しされにくい錠に取り替える。

・その他
近所づきあいを大切にして、不審者がいればすぐに気が付き、お互いに情報交換できるような環境を作っておく。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム