空き巣被害に合わないための防犯対策 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣被害に合わないための防犯対策


空き巣被害は毎年増加しています。では、家庭でできる防犯対策としてはどのようなものがあるのでしょうか。

空き巣被害を防ぐには、ドアに工夫をすることも効果的です。ドアからの侵入を狙ったピッキング、サムターン回しなどの犯行が近年は多く見られます。ピッキングは、鍵穴から特殊工具を入れて鍵を開けるというやり口で、近年被害数が急増しているのはニュースなどでもよく聞かれます。それ以外にも、サムターン回しという手口も増えています。これは、サムターンという、内側から縦横に開閉させる鍵を、ドアやその周辺を破壊することにより外側から回して室内に侵入する方法です。空き巣は、サムターンを回す特殊工具を挿入するために、ドアスコープを取り外したり、ドアの隙間を狙って工具を入れたりします。なので、まずはサムターン回しの被害に合わないようなドアにする対策が必要です。ピッキングに強いシリンダーや、サムターン回し対策の防犯器具などは、ホームセンターや専門業者などでもたくさん売られているので、検討してみてはいかがでしょうか。また、鍵は補助錠などを二つ以上つけるとよいでしょう。空き巣は手早さが命なので、侵入に時間がかかる家はあきらめてしまうことがあるからです。

空き巣被害の対策には、破壊に強いガラスにすることも大事です。容易にガラスが割られてしまうと、侵入経路が簡単に作られてしまうためです。これも、侵入に時間と手間をかけさせて空き巣を心理的にあせらす方法としてよいでしょう。それから、毎日の心がけとして、施錠は必ずすることが大事です。ゴミ捨てなどの短時間にも鍵をかける習慣をつけるとよいでしょう。合鍵をポストや植木鉢などの下に置くなどはもっての他です。また、窓の近くなどには足場になるものを置かないようにしましょう。脚立やバケツは泥棒が窓から侵入する足場となります。また、郵便受けに新聞や郵便物がたまっていたり宅配便の不在票がのぞいている、また夜でも家の電器がついていない、カーテンや雨戸が閉まりっぱなし、電話しても出ない、というようなことからも留守だと簡単にさとられます。

空き巣被害に合わないためには、留守とわからないような工夫も必要です。夜の門柱灯などはタイマーでつくようにするとよいでしょう。留守番電話は、留守であるという明確なことをメッセージにせず、今は手が離せないなどのメッセージに替えることなど細かいことも工夫すると安全です。また、空き巣被害は地域で防ぐものでもあります。近所同士のつきあいがあれば、不審者情報や、防犯についてのアドバイスなどの情報交換が、未然に空き巣被害を防ぐ役割にもつながるのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム