合鍵空き巣 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

合鍵空き巣


合鍵を使っての侵入というケースも、意外と多く報告されています。今でもよく植木鉢の下や、ポストの中に合鍵を入れているという人を聞きませんか?年配の方などに多く、プロの空き巣はそのような家をすぐに見抜くそうです。空き巣は必ず下見をしています。合鍵をみつけたときに侵入しなくても、それをこっそり持って行って合鍵を作り、後日侵入するというケースもあるそうです。

合鍵空き巣は、戸建て住宅より意外と団地が多いそうです。実際に捕まった空き巣の中には、「団地には共働きの家庭が多く、先に帰宅する子供のために、外に鍵を隠しておく家庭が多かったので、空き巣に入りやすかった」と供述している者もいたそうです。合鍵を使って玄関を開けたとなれば、ドアに傷がつくわけでもないので、被害に気づくのも遅くなり、ひどいときには全く気づかれないこともあります。また、合鍵空き巣には、玄関先に鍵をよく置いておくという人も気をつける必要があります。それを使って合鍵を作られるというケースがよくあるからです。アパートなどの賃貸住宅で、前の住人が合鍵を作っており、侵入されたというケースもあります。アパートに引越してくる際には、前の住民と入れ替わる時に錠が交換されているかどうかを大家に確認しましょう。

合鍵空き巣の防犯対策としては、以下のことがあげられます。

・合鍵を植木鉢の下や、ポストの中にいれておかない。
・そのほか、家の外になるところに鍵を置かない。牛乳ビン配達箱や、鴨居の上、メーターボックス、玄関マットの下なども同様です。
・家に入ってすぐの玄関先など、外から目に付くところに置いておかない。
・在宅中にも施錠しておく。

合鍵を庭の中に置くなどするのは大変危険なことです。空き巣に入ってくれと言っているようなものです。誰も気づいていないからと過信せずに、家族ぐるみでこの習慣を変えていくようにしないといけません。いざ空き巣にあってからでは遅いのです。


フォレックス・ドットコム