焼き破りとその対策 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

焼き破りとその対策


焼き破りとは、ガスバーナーなどの器具を使って、窓ガラスの一部を熱し、そのあとに冷たい霧吹きなどをかけてガラスにひびを入れ、穴を開けるという手口です。ガラスは普通に破ればかなりの音がしますが、この方法を使えば、音もほとんどなくドライバーなどで簡単にガラスを破壊し、鍵を開けられるのが特徴です。空き巣の手口では、ピッキング、サムターン回し、カム送り開錠を紹介しましたが、これらは皆、玄関のドアの錠を開けて侵入するという手口です。しかし一番空き巣に多い手口というのは、実は、窓からの侵入なのです。

焼き破りに狙われやすいのは、戸建て住宅の1階の窓や2階のベランダの窓です。道路から死角になっているところが特に狙われます。その対策としては、窓枠の上下に、補助のキーロックを設置することが有効です。そのほか、防犯フィルムを貼る、防犯ガラスに替えるという手段があります。防犯フィルムは、ガラスを割れにくくするので有効ですが、ガスバーナーの火では溶けてしまうことがあります。また、窓の内側に防犯フィルムを張ることで、外側から割ることが困難になりますが、内側からはわりと簡単に割ることができます。では、防犯ガラスに取り替えることがよいのかというと、一概には言えません。防犯ガラスは、外側からはもちろん内側からもガラスを割るのが困難であり防犯性には優れていますが、欠点としては、震災や火事が起こったときに避難がしにくいことがあげられます。他に、網ガラスというものがありますが、これは震災や誰かがぶつかって万が一割れたときに、ガラスの飛散を防ぐためのもので、目的は防犯対策ではありません。窓ガラスを防犯用にと考える際には、利点、欠点をよく理解したうえで慎重に選ぶようにしてください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム