葬儀空き巣 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

葬儀空き巣


葬儀空き巣というものもあります。葬儀で外出しているお宅をターゲットにする空き巣のことです。昔は自宅で葬儀を行なうのが普通でしたが、現在では、葬儀場などで葬儀をとり行うことがほとんどです。そういった世情を反映した空き巣の手口といえます。葬儀の情報は、新聞や地域の会報などに出ていることが多く、それには喪主の住所や連絡先、葬儀の日程や場所などが記載されているため、それを見た空き巣犯には葬儀で留守にする家が一目瞭然です。

葬儀空き巣で逮捕された犯人の中には、「新聞のお悔やみ欄を利用して、葬儀で留守にする家を見張り、家人が出かけたのを確認して侵入した」と供述する者がいました。その空き巣は、6年で70件ほどの葬儀空き巣をはたらき、一軒あたり平均約90万円も盗んだそうです。ある窃盗グループは、葬祭場の看板を見て留守のお宅を調べ、空き巣に入ったと供述したそうです。「お通夜や、告別式は、時間が決まっているため、時間に余裕があり、物色するのに時間をかけることができた。」との供述もあります。

葬儀空き巣は、葬儀のための費用や香典が家に置いてあるなど、いつもより多額の現金が家にあることも知っています。地方のおつきあいが密なところでは、同じお葬式に地域のほとんどの人が列席するということもあります。その場合は、周辺の家々を巻き込んで、被害の拡大を招きかねません。警視庁は、葬儀などで留守にする場合にすることとして、以下のようなことを呼びかけています。

・留守番の人を頼む
・隣近所の人に声をかけてから外出する
・地域ほとんどが出席する葬儀の際は、交代で巡回する。
・多額の現金を家に置いておかない。

葬儀のときは故人を失った悲しみもあるうえに、葬儀関係の雑用で家の中もバタバタと忙しいでしょうが、そのような時こそ、空き巣に逆手に取られないように気をつけましょう。愛する人を失った悲しみがあるのに、同時に金品までも奪われたら、これほど深い落胆はないと思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム