防犯4原則 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

防犯4原則


空き巣のいやがる防犯4原則をご紹介します。

?音
音には空き巣でもびっくりします。犬を飼ったり、防犯ベルやサイレンをつけたりするのは効果があるでしょう。庭や家のまわりに、玉砂利(防犯砂利)を敷くのも良いでしょう。

?光
侵入しようと極度の緊張状態にあるときに、急にライトが当たったらひるみます。玄関や庭に防犯センサーライトをとりつけるなどが有効です。

?時間
空き巣の7割が、侵入に5分以上かかる家は諦めるというデータがあります。
補助錠(ワンドアツーロックの原則)や、ピッキングされにくいシリンダーに取り替える、またドアにガードプレートをつけるなどの防犯対策が効果的です。窓に格子をつけたり、防犯フィルムを貼ったり、防犯ガラスにしたりするのも有効です。

?目
空き巣は、誰かに見られたりしていないか常にドキドキしているはずです。死角になるような植え込みや塀がないほうが、周囲の人の目が行き届きます。防犯ビデオカメラなどの設置も良いでしょう。
近所のおつきあいも大切にし、近隣の方は覚えるようにして見慣れない人には挨拶をするようにしましょう。

空き巣に用心する事柄として、他にも次のようなことをあげておきます。ひとつは、雨や風。もうひとつは新興住宅地に気をつけることです。「雨や風の強い日は仕事をしやすかった」と供述している空き巣がいます。そういう日は、侵入しようとこじ開けている音がかきけされて、都合が良いからです。また、傘をさして歩いている人は視界も悪く、空き巣の姿が目に入らないこともあり、さらに都合がいいそうです。また、「新興住宅地は空き巣に入りやすかった」との供述もあります。ほとんどの世帯が引っ越してきたばかりで、あまり近所づきあいがないために、住人以外の人が歩いていても気づかれないからです。以上のことを参考に、空き巣の好む状況を作らないようにして、防犯対策をこころがけましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム