防犯モデルマンション 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

防犯モデルマンション


防犯モデルマンションというものがあります。空き巣などの犯罪にあいにくい構造や設備の基準を満たしているマンションを指してそう呼びます。その審査基準とは、警察庁と国土交通省が定める「防犯に配慮した、共同住宅の設計指針」を基にしたものです。マンションの管理者が申請をすると、まずは数十箇所のチェックが課せられます。審査は各地域の防犯協会連合会に所属する一級建築士や、防犯設備士によって行われます。合格すると登録が認められ、その証として登録証(プレート)が配布されます。

防犯モデルマンションの認定というのは、1999年に広島県がはじめました。今では、静岡、大阪、京都、北海道、大分、奈良などでも行われています。防犯モデルマンションは以下の基準を満たしていなければなりません。
・外部から侵入されにくい構造である。
・共用部分の見通しが良い構造である。
・エレベーターに非常通報装置がついている。
・防犯カメラが設置されている。
・駐車場の明るさ保持などの盗難防止
・ピッキングされにくい錠と補助錠の設置
などです。

防犯モデルマンションに入居した住民に、実際にアンケートを行った結果があります。68%の世帯が、防犯モデルマンションだから購入したと答えており、防犯対策に期待をよせていることがわかります。入居後の感想でも、ロビーに防犯カメラとディスプレイがあるので空き巣が入りにくい、廊下や駐車場の夜間照明が明るいので防犯効果を感じる、また、ワンドアツーロックに安心感がある、などの声もあがり、満足している結果が出ています。そうはいっても、誰が入居者かわからないなどという不安もあるようです。防犯モデルマンションだからといって、絶対に安心というわけではありません。防犯対策をするのは、管理側だけではなく、自分たちの家庭を守る気持ちが重要なのです。マンション購入の際には、このような防犯対策への取り組み状況も考えながら購入を検討してはいかがでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム