無施錠空き巣 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

無施錠空き巣


無施錠空き巣とは、その名のとおり家に鍵がかかっていない状態で起こった空き巣の被害のことです。ピッキング、サムターン回し、カム送り開錠、窓破りなどと並んで、意外と発生件数が多いのも現実です。警察庁の資料によると、戸建て住宅の被害のうち38%、共同住宅の被害のうち25%が無施錠空き巣によるものです。ゴミ出しのときや、ちょっとコンビニに行くだけだからと鍵をかけずに外出した際に被害にあうこともあるといいます。また、玄関の鍵は閉まっていても、勝手口が開いていたとか、1階は閉めていたけれど2階が開いていたなどという家も多く、つい忘れがちになってしまう戸締りのすきを狙われて、空き巣の被害を受ける家も多いそうです。

無施錠空き巣には、物置などの被害の報告も多いです。物置は無施錠であることも多く、中に置いてあったタイヤや品物が盗まれるなどの被害も実際に起こっています。地域別では、岩手県が無施錠空き巣被害率が一番高く、なんと59.7%もあったそうです。逮捕された空き巣の中には、「農家はほとんど無施錠だったので、入りやすかった」と供述している者もいるなど、郊外の農家の人目につきにくい環境や、人通りの少なさを逆手にとった犯行が多いのがわかります。

無施錠空き巣に対する防犯対策としては、以下のようなことがあげられます。

・ちょっと畑まで行くといったときにも、必ず施錠する。
・ドアや窓に補助錠をつける。
・物置にも錠をつける。
・植え込みは短く刈って、見通しをよくする。
・塀を高くしすぎない。
・雨戸をつける。
・センサーをつけて、人の気配をキャッチする。

せっかく建物に防犯性能にすぐれたグッズなどを設置していても、肝心の建物が無施錠では防犯の意味がありません。防犯対策は、普段からの心がけをしっかり持って、抜かりないように気をつけることが重要です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム