溶解破錠 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

溶解破錠


溶解破錠とは、鍵穴に特殊な溶液を注入し、シリンダー内の構造物を溶かして開錠するという方法で、ディスクタンブラー錠を開錠するために使われます。通称KGB破錠とも言います。特殊な技術も要らず、溶液を注入するだけで音もほとんど出ず、時間もそれほどかからないのが特徴です。

溶解破錠に用いる溶液は、高濃度の無機酸系の液体を何種類か混ぜ合わせたものです。そのままでは流れ出てしまい危険なので、あらかじめ鍵穴に高分子吸収剤を入れておきます。それに溶液を吸収させながら金属製のタンブラーやスプリングを溶かしていきます。そうするうちに、内筒に回転力をかけるだけで開錠してしまいます。

溶解破錠というこの手口は、ディスクタンブラー錠の弱点をついたもので、ディスクタンブラー錠が多く住宅用として用いられる日本では、今後は社会問題となる可能性があります。また、CPマークのついたタンブラーであっても、この手口には効果がありません。そもそも、CPマークの認定には「開錠して侵入するのに5分以上かかる」ことが条件ですが、この5分というのは、その場で開錠作業をしている時間をさします。溶解破錠は開錠に5分以上はかかりますが、その場でずっと作業しているわけではなく、溶解している間は持ち場を離れることができ、その後次の作業にとりかかります。CPマーク認定された錠でも、溶解破錠では認定の意味をなしません。

溶解破錠の対策としては、ディスクタンブラー錠から構造の違うピンシリンダーに取り替えるなどの方法がありますが、バンピングも問題になりそうな現在なので、それもまた心配です。電子錠などに取り替えることがよいのではと思われます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム