留守とわからないように 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

留守とわからないように


留守の家だとわかられてしまうと、空き巣に狙われる確率は高くなります。空き巣は、常習犯になるほど下見を入念にし、必ず留守を確認して犯行に及びます。公園、空き地などから狙った家をしばらく見張って確認することもあります。空き巣に留守と判断される家の条件には、以下のようなものあります。

・ポストや新聞受けに手紙や新聞がたまっている。
・雨戸やカーテンが開閉されたままになっている。
・洗濯物が長い間干したままになっている。
・夕方になり外が暗くなっても、室内の電気がつかない。
・電話番号を調べてかけてみても、出ない。
・インターホンを鳴らしても、人のいる気配がない。
・決まった時間に人の出入りがないとわかる家。

留守にする時に空き巣に狙われないよう、留守とわからないようにするにはどのようにしたらいいのでしょうか。対策としては、次のようなものがあります。

?手紙や新聞をためないようにする。
新聞受けから何日分もの新聞がはみだしていれば、留守と知らせているようなものです。長期の旅行の際は、新聞配達店に連絡して、その間はとめたほうが良いでしょう。手紙類は、ポストの容量を増やすか、近所の人に頼んで取っておいてもらうなどの方法があります。
?あかりや電気機器などをつけたままにしておく。
夜は玄関の電気をつけていると、効果があります。また、居間の電気がついていると人がいるような気配になります。長期の旅行などには、留守番センサーつきという照明器具があれば便利です。人がいなくても暗くなると自動でつき、タイマーで消えるというものがあります。また、ラジオやテレビをつけっぱなしにするのもよいでしょう。あかりや電器類をつけたままにするのは、電気代がかかったりエコではないなどの難点もありますが、人がいると思わせるには、一番効果的といえます。
?留守番電話のメッセージを工夫する。
「ただいま留守にしております」というような、明らかに留守とわかるメッセージにしないほうがよいでしょう。「ただいま手がはなせません。」などの言い回しにかえるのもよい工夫です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム