オレオレ詐欺と空き巣 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

オレオレ詐欺と空き巣


オレオレ詐欺と空き巣・・・一見、関係のなさそうな単語ですが、最近、この二つに関連した新しい手口が出てきています。オレオレ詐欺、いわゆる振り込み詐欺の手口は、最近たくさんの人に知られてきており、社会全体としての警戒が強くなっています。警察の調べもすすんでいて、振込用の架空口座が判明するとすぐに凍結されてしまうために、口座も思うように使えず、犯人の足もつきやすくなってきました。そうなると、せっかく手に入れた名簿や資料がむだになってしまうということで、詐欺グループは新たに手口を考えました。実際に起こった例を上げて、その手口を紹介します。

オレオレ詐欺と空き巣の実例です。まず、「オレオレ」と息子を装って、高齢者に電話をかけ、金を無心してきす。振り込み詐欺の手口をよく知っているその高齢者が、「電話一本で振り込むことはできない」と言うと、「もちろん。振り込みではなくて、直接取りに行くよ」などと意外なことを言います。そして、本人は仕事があるので今は実家までは行けないけれど、とりあえず「あとで外で食事しよう。」と誘い、待ち合わせ場所を決めます。

そのときに、高齢の親に金を持ってこさせるのは「物騒だから」と言い、現金は家に置いておくようにと指示します。親が息子を待っていてもいっこうに現れません。仕方なく家に帰ると、窓ガラスが割られていて、息子のために用意した現金がまんまと盗まれているという始末です。

オレオレ詐欺空き巣は、1人暮らしの高齢者を調べて外出させ、そのすきに空き巣に入るという巧妙な手口です。埼玉県で上のような手口が実際に起こりました。しかも振り込まずに直接受け取りに行くと言って、安心させることで、相手の警戒心を逆手にとるという巧妙さです。まだこの手口を知っている人は少ないので、知らない人はオレオレ詐欺で振込みをすることはないと思っていても、まさか息子から来た電話で外出した隙に空き巣に入られるなんて思っていないはずです。この手に用心すれば、違う手でひっかかる・・・なんてことのないように、いつ何時も気をつけましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム