サムターン回し 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

サムターン回し


サムターンというのは、ドアを閉めて家の内側からロックするときに回す鍵のことです。サムが「親指」、ターンは「回す」という意味でつけられた呼び名です。サムターンは、普通はドアのノブの下にあり、つまみの形をしています。サムターン回しとは、外側から特殊工具を挿入して、このサムターンを外から回して開錠するという侵入の手口で、ピッキングの次に多い被害といわれています。

サムターン回しの手口は、ドアスコープを壊し、そこから針金などの工具を差込み、手探りでサムターンを回すという方法が多いです。ドアについている新聞受けや覗き小窓を破壊して、そこから手を入れてサムターンを回すという手口もあります。手動ドリルでドアノブの横に穴を開け、そこから工具を入れてサムターンを回すという手口もあります。ドアとドア枠のほんの数ミリの隙間からサムターンを回したり、開錠に5秒とかからない手慣れた空き巣もいるようです。

サムターン回しは、ドアには傷もほとんどついていないため、鍵をかけ忘れたと思う被害者もいるくらい巧妙です。ピッキングに強いシリンダー錠などを備えつけていても、まったく効果のない手口で、関東を中心に2002年ごろから、被害が広がっていますが、関西でも被害が急増しています。最近では、サムターン回しで開錠し、部屋を荒らすことなく金品を盗み、その後、サムターンを逆に回して(逆サムターン回し)施錠し、逃走するという手口も増えています。被害者は被害にまったく気づかないまま生活していることも多いそうです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム