サムターン回し対策 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

サムターン回し対策


サムターン回しは、2002年ごろから急増している空き巣の手口で、ドアの外側から特殊工具を入れて、サムターンという内側からかけるつまみ状の鍵を回し、開錠して侵入するやり方です。ドアにほんの少しの隙間があれば、そこから針金などを入れて開錠するという巧妙な手口の窃盗団までいるといいます。せっかく防犯性の強いピッキングに強いシリンダー錠を付け替えても、サムターン回しには効果はありません。では、どうしたらサムターン回しの被害から守ることができるのでしょうか。

サムターン回しの被害に合わないためには、侵入に5分以上かかるようにするとよいとされます。データでも、空き巣の7割は、侵入に5分かかる家はあきらめるという結果が出てます。すなわち、その対策としては、以下のようなことが有効です。

・サムターンをカバーする。
サムターンにカバーをつけ、サムターンに手や工具が触れるのを防ぎます。ドアに穴を開ける必要もなく、安いものでは500円ほどでカバーが販売されています。リモコン操作でサムターンを固定させるストッパーという商品もあります。

・サムターンをとりかえる。
サムターンを押さないと回らないものなどにとりかえるという方法です。

・鍵穴のない鍵をもう一つつける。
暗証番号やリモコンで開く錠なども販売されています。そのような鍵に取り替えるという方法です。
その他、空転するので外側からはずせないドアスコープに替えたり、「サムターン強化対策ドア」と書いたステッカーを錠部分に貼り、視覚的にアピールするなどの方法も有効だそうです。さまざまな方法があり、店頭でも、サムターン回しに対抗する防犯商品が多数販売されています。いま一度、ご自宅の錠の形を確認し、防犯対策を考えてみてはいかがでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム