バンピング 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

バンピング


バンピングとは、バンプキーというものを使ってピンシリンダーを開錠する手口です。ピッキング、サムターン回し、カム送り開錠、焼き破り、バールこじあけ、無施錠空き巣、合鍵空き巣など・・・、様々な空き巣を紹介しましたが、バンピングの手口は、それらの方法よりも簡単で恐ろしいと海外では問題となっています。

バンピングで使われるバンプキーとは、鍵山が、特殊に配列されている鍵のことです。バンプキーは、アメリカでは通信販売で1本3ドルほどの値段で売られているということです。1つのバンプキーがあれば、同じ型番のシリンダー錠は同じ方法で全て開錠できるため、マンションなどの同じシリンダーが何戸にも使われている場合、容易に狙われてしまうだろうと予測できます。ピッキングよりもすばやく簡単にドアが開けられてしまいます。

バンピングの原理は、下ピンに衝撃をあたえて上ピンをはじきとばし、一瞬の間、シアライン(シリンダー錠の外筒と内筒の境界)に何もない状態にして内筒を回転させるというものです。バンピングの標的となるのは、ピンシリンダーであり、ディスクシリンダーや、ロータリーディスクシリンダーにはききません。ピッキングに有効だというディンプルキーシリンダーであっても、基本構造がピンシリンダーでしたら、容易に開錠されてしまいます。

バンピングは、開錠の跡が残りにくく、ピッキングよりも短時間で容易に開錠できてしまうため、日本でもこれから社会問題になっていくと思われます。実際は、まだ被害は報告されていないようです。バンピングに有効な対策としては、シリンダーのない錠に替えることです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム