ピッキング 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

ピッキング


ピッキングとは、鍵穴に特殊工具を差し込んで鍵を開け、住居に侵入する犯行の手口のことです。ピックとテンションという道具を使い、鍵がさしこまれている状態にして開錠します。

ピッキングは、空き巣の手口で近年爆発的に増え、社会現象にもなりました。そもそもは、鍵の業者が鍵を紛失して開かなくなってしまった金庫を開けたりする際に使われていた方法です。専門業者のみが行うものでしたが、この技術を習得した犯罪者に利用されるようになってしまいました。

ピッキングは、訓練を受けた空き巣ならば、1分もかからずに行うことができるそうです。その方法は、雑誌やインターネットでも簡単に調べることができるので、初心者でもその手口を習得することは容易です。昔は、工具を使って鍵を破壊してドアをこじあけたり、窓ガラスを破ったり、あるいは開いている窓から家に侵入するという方法が多く見られました。しかし、工具の音や、ドアや窓が割れたりする音が大きいため、付近の住民に気づかれる危険が高かったのです。このピッキングという方法なら、たいして大きな音もせず、スピーディーに鍵を開けることができます。

ピッキングは、犯行の跡がわかりにくいのも特徴です。犯行が起こったことに気づかずに、発覚した頃にはすでに遅く事件の捜査が難航してしまうこともあります。現在、ピッキングで開錠できないシリンダー錠というものはないそうです。一般的な住居に多い「ディスクタンブラー錠」は、鍵穴が縦になっていて防犯性が低いものがほとんどです。今一度、ドアの施錠を点検してみてください。自分の家の錠がピッキングにあう確立が高いものならば、全国防犯協会連合会に認定された防犯性の高い錠に取り替えることも防犯対策への近道です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム