空き巣について知る 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣について知る


空き巣とは、家が留守の時に入る泥棒のことをいいます。普通、泥棒といいますが、状況などによって、忍び込み、居空きという言い方に分けられます。忍び込みとは、夜中の就寝中に家に侵入してくるする泥棒のこと、また、居空きとは、空き巣に入ったら人がいたということをさします。

空き巣が、平成19年度に泥棒全体に占めた割合は約75%です。同じく忍び込みは約20%、居空きが約5%と報告されています。また、同じく平成19年度に空き巣に入られた建物の内訳としては、戸建て住宅が約26%、4階建て以上の中高層住宅が約15%、その他の住宅約25%、会社・事務所約12%、飲食店約8%、商店約6%、病院約2%、学校約1%、その他が約5%となっています。

空き巣の被害件数が多いのは、もちろん東京などの大都市も多いですが、何軒に一軒が空き巣の被害にあっているかを都道府県別に比較すると、多いのは、1位が栃木県、2位が群馬県、3位が茨城県という結果です。逆に山形、岩手、青森などの東北地方では、住宅侵入犯罪件数も世帯数での割合も低いという結果です。空き巣にあう確率は、東北などののどかな住宅地にくらべると、東京などの大都市周辺の住宅地の方が高く、危険も大きいといえます。

空き巣の侵入方法では、ガラス破りが約63%と一番多く、鍵が開いていて侵入されたのが約25%、合鍵で開けられたのが約3%、錠破りが3%、施錠開けが約2%、サムターン回しが約0.1%、その他約4%という結果になっています。また、空き巣に狙われやすい環境として、平成20年上半期東京都での一戸建ての被害状況をまとめた結果では、以下のような環境が空き巣の危険が大きいとわかりました。

・駅、繁華街が近い
・幹線道路が近い
・銀行が近い
・コンビニが近い
・ホテル・マンションが近い
・工事現場の隣である
・公園、駐車場、空き地が近い
・新興住宅地

空き巣については、そのやり口や被害状況などから、自分の家が危険でないかどうかを判断しましょう。危険であるとわかれば、防犯対策をしっかり行なうことが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム