マーキング 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

マーキング


マーキングは、意外と皆さんの家に刻まれているかもしれません。表札、ポスト、玄関などに自分で記入した覚えのない字やマーク、絵などが描かれていないか確認してください。もしあるとしたら、それがマーキングといわれるものです。空き巣に限らず、訪問販売員、新聞勧誘員などによる可能性もあります。そこにつけられた字、マーク、絵などが仲間の間で何らかの暗号として使われていることが多いそうです。

マーキングの暗号は、一般的なものというのはないのですが、いくつか実際に使われていたものを例としてあげてみましょう。
・色のシールを玄関先に貼る\\
例1.黒・・・家族で住んでいる。男性が住んでいる。インターホンを押しても出ない。
例2.白・・・独身世帯。女性が住んでいる。インターホンに出る。
例3.黄・・・少し変わった人が住んでいる。赤ちゃんのいる家庭。
・ボールペンや、傷などで字などを残す。
(漢字やひらがな)
例1.学・・・学生
例2.あ・・・赤ちゃんがいる
例3.い・・・いける(入りやすい)
例4.こ・・・こわい

(アルファベット)
例1.M・・・男
例2.W・・・女
例3.S・・・独身
例4.SS・・・土日休み
(記号)
1.×・・・ダメ、こわい
2.〆・・・無理、やめた
3.・・・・チェックした、一度来た
(数字)
1.20・・・20代
2.1・・・ひとり暮らし
3.1017・・・10時から17時まで留守。
以上の例から応用すると、例えば、「SM30 1022」と記されているなら、30代の独身男性、10時から22時まで留守、などという意味になります。マーキングされているのに気づかないなどの家は、防犯に甘い家だとすぐに見抜かれ、さらにチェックされるので気をつけましょう。家の表札、玄関ドア、ポストなどをいますぐ確認して見てください。ビックリするマークが書かれているかもしれません。そうであるならば、いっそう防犯対策を心がける必要があります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム