空き巣の手口 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣の手口


空き巣の手口は、ドアからの侵入が多いと思っていませんか?しかし、最近の調べでは、窓からの侵入が6割以上であることがわかっています。つまり、窓の防犯対策をしておけば、かなりの確率で空き巣の侵入を防げるということなのです。

空き巣の手口として、クレセントという窓鍵をドライバーなどで叩き割り侵入する方法があります。
これにかかる時間は約10秒ほどです。最近は、叩き割る代わりにガスバーナーが使われることもあります。小型ガスバーナーで窓枠の周りを炙り、千枚通しなどでつき、水をかけて穴をあけ、クレセントを回して侵入するというものです。このガスバーナーを使った侵入では、ほとんど音がしないそうです。

空き巣に狙われやすい窓になっていませんか?以下の項目でチェックしましょう。
・近くに足場になるようなものが置いてある窓。
・人通りの少ない道に面している窓。
・大きめの窓。
・植えこみやフェンスなどで周囲から死角になっている窓
などです。では、どうしたら窓からの空き巣の侵入を防ぐことができるのでしょうか。以下のような工夫は効果的です。
・窓に、防犯フィルムを貼る\n・補助錠をつけるなどで、侵入に時間がかかるようにする
・防犯ガラスにする

空き巣の手口にかからないようにするには、窓を防犯用にするのが重要です。防犯ガラスとは、ガラスとガラスの中間に膜が張ってある特殊なガラスで、ガラスが割れても破壊されて穴が開くなどがしにくいため、内部に侵入されにくいという特徴があります。窓ガラスの内部に網が張られている網ガラスというものがありますが、これは、火事や地震でガラスが割れた際に破片がとびちるのを防ぐという目的で作られているものであって、防犯ガラスではないので注意しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム