空き巣に入られないために 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣に入られないために


空き巣被害は近年増加しています。その被害を防ぐためには、空き巣が好む環境を知り、そうならないように対策を練ることが必要です。

空き巣が狙いやすいのは、新興住宅地の一戸建てやアパートなどの住宅街です。金品がありそうな家や、広い屋敷で死角などが十分にある家、また逃げやすそうな家は特に狙われます。空き巣はまず車などをつかい家々を物色し、下見をします。電話番号がわかれば電話をかけたり、インターホンなどを鳴らし、留守を確認します。留守だとわかると侵入しようと試みます。その手口は、窓ガラスを破ったり、無施錠の窓を探して侵入したり、植木鉢や郵便ポストにおいてある合鍵を探したりするなど様々です。空き巣は、侵入には時間をかけません。窓ガラスを破るのには10秒、無施錠だったり、合鍵を見つけたりする場合は何の痕跡もなく、時間もかからずに侵入できてしまいます。

空き巣に侵入されない家にするには、ゴミ出しなどの短時間の外出の際にも施錠をする習慣を身に着けましょう。鍵をピッキングされにくいシリンダーに替えるのも有効な手段です。ピッキングだけでなく、サムターン回しの対策も必要です。補助錠も効果があります。空き巣は、侵入に5分以上かかる家は諦めることがデータからわかっています。玄関に鍵が2つあるだけで、開けるのに5分以上はかかるので、空き巣が諦める可能性も高いというわけです。また、窓への対策は重要です。日本の住宅に多いクレセント錠は、ガラスに穴を開け、手や器具を入れて外側から簡単に鍵を開けることが可能なので気をつけましょう。それを防ぐためには、内側から錠にロックをかけたり、ガラスに防犯フィルムを貼ったり、窓自体を防犯ガラスに替えるなどの手段が有効です。空き巣に合わないためには、普段からの心がけが重要です。施錠をしっかりして、地域での連絡をかかさず、防犯意識を高めて被害を未然に防ぎましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム