空き巣に関する調査 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣に関する調査


空き巣に関する調査を、空き巣に入られた人を対象に聞いた結果をまとめました。被害者の50パーセント以上は、「犯人はまだ捕まっておらず盗まれたものも戻ってきていない」と答えました。また、被害届を警察に出していないという人や、犯人は捕まっていても盗まれたものが返されていないという人を合わせたら、80パーセント以上になりました。つまり、空き巣に入られて何かを盗まれたら、それが戻ってくる可能性はほとんどないということがわかります。ですから、まずは盗まれないような防犯対策をする必要があります。

空き巣に関する意識調査で、「防犯のために何かをしているか」という質問の答えをランキング形式にまとめました。

1位 鍵を掛け忘れないように注意している。
2位 新聞や手紙をためないようにしている。
3位 ドアに補助錠をつけている。
4位 センサーライトをつけている。
5位 なるべく留守にしないようにしている。

この結果をみると、窓に関する対策が出てきません。空き巣の侵入経路の6割は窓が占めています。窓への防犯対策がもう少し必要なようです。
空き巣の服装についての調査もありました。イメージでは、サングラスで帽子を目深にかぶった、いかにも怪しげな人物を想像しますが、実際起こった例を見ると意外でした。営業のサラリーマン風のスーツ姿であったり、犬を連れて散歩しているように装っていたり、作業員の服装をしているなど、怪しげに見えるような姿はほとんどありませんでした。このように、空き巣については意外と知らないことが多いのです。空き巣について知ることは防犯対策への近道と言えます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム