空き巣に関する法律 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣に関する法律


空き巣の被害に対応するために制定された法律を紹介します。まずは通称「ピッキング防止法」です。正しくは、「特殊開錠用具の所持の禁止などに関する法律」といい、平成15年6月4日に公布され、平成15年9月1日施行(附則第一条ただし書きの施行は平成16年1月20日)されました。この法律は、錠前業者などが仕事に使うなどの正当な理由がなければ、それ以外の者が開錠工具を所持するのは違法であるを定めています。マイナスドライバーのみの所持でもとがめられます。

空き巣被害に対応するために、道路交通法も平成18年6月に改正されました。放置駐車違反の取締りが厳しくなり、1分間の駐車でも違反だということになりました。この改正によって、空き巣が減少したそうです。なぜなら、空き巣は逃走はもちろん下見や待機のために車を使うことが多いからです。空き巣は、狙った家が留守かどうかを調べるために、インターホンを押しますが、その家がうっかり在宅なら、「もうすぐこの辺に工事がありますので、お知らせにきました。」などとインターホンを押した口実を述べるわけです。そのためには、作業員の格好などをしている必要があるのですが、電車に乗っていては不自然で目立ちすぎるため、車を利用するのです。道路交通法が改正され、違法駐車の情報が警察にあれば、近所に空き巣が入ったときにすぐに疑われ、即逮捕につながります。こうしたわけで、道路交通法の改正によって、空き巣は減ったそうです。ちなみに空き巣などの「窃盗」の時効は7年だということです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム