空き巣対策(マンション) 〜 空き巣

main_top_over_navi
main_top

空き巣対策(マンション)


マンションなどの共同住宅の空き巣対策についてはどうでしょうか。戸建て住宅とはまた違った防犯対策が必要となります。マンションでの空き巣の被害が多い階は、1、2階に加えて最上階に近い階もあげられます。最上階、あるいは最上階から近い階には、空き巣は屋上から雨どい、配水管などを伝って降りたり、人目につきにくい非常階段を使ったりして侵入します。また、マンションというのは、同じドア、同じ窓、同じベランダの家がいくつもあります。同じような状況の中で、いかに他の家よりも入りにくい家にするかが防犯の鍵となります。

マンションなどの空き巣対策には以下のようなものがあげられます。
・玄関ドア
簡単に壊されないような材質のものを使う。ドアチェーンやガードプレートをつける。ドアスコープや新聞受けは、簡単にとれたり、壊されたりしないものにする。カメラ付きインターホンにかえる。ピッキングされにくい錠にかえる。バンピングされにくい錠にかえる。サムターン回しされにくい状にかえる。
・窓
補助ロックのついたクレセントにかえる。面格子は簡単にとれないようなものにする。
・ベランダ
洗濯物などで見通しが悪くならないようにする。洗濯物は早めにとりこみ、留守でないことを知らせる。窓に振動感知センサーなどをつける。窓を防犯ガラスにかえる。共有スペースはオートロックにし、「関係者以外立ち入り禁止」などのステッカーを貼る。(オートロックであるからと安心して自宅が無施錠にならないように気をつける)

マンションの建物全体の防犯対策として気をつけることには、以下のようなことがあります。
・非常口などの施錠を管理する。
・郵便受けが死角にならない位置にあるようにする。
・管理人室やロビーは見通しをよくする。
・ロビーに防犯カメラを設置する。
・掲示板などに、防犯意識の高い内容を表示する。
・エレベーターに防犯カメラを設置する。
・敷地の内と外を区別するフェンスなどを設置する。
・防犯灯を設置する。
マンションなどの共同住宅では、管理者側の防犯に対する意識も高めていく必要があります。最近の新しいマンションにはセキュリティがしっかりしているものも多いですが、管理体制に甘えて自宅が無用心ではいけません。管理者側と住民側が携えて防犯に努めることが、空き巣をよせつけない環境づくりには重要なのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 空き巣 All Rights Reserved.

フォレックス・ドットコム